「全額返金」保障ありのスマイルゼミはリモート学習のサポートにも最適

Cocoonから「SWELL」乗換えたらアドセンスも調子いい!SEO対策もばっちり

目次

ワードプレステーマをCocoonからSWELLに乗り換え

ブログ開設から約半年で、初めて有料テーマを導入しました。

そのテーマは「SWELL

Swellバナー

SWELLが気になっているけど、どうしようかな?

という方に向け、実際に使った感想を書いてみたので、ぜひ参考にしてください。

この記事は、SWELLの簡単な設定で装飾しています。

有料テーマSWELLを選んだきっかけ

変更する前のテーマは人気のCocoonです。

ユーザーが多いなら情報も多い=安心、そう思って選びました。

しかし記事が増えていくにつれ、見た目をスッキリさせたいなぁという思いから、有料テーマを調べ始めました。

ウミスキーのアイコン画像ウミスキー

SANGOJINが圧倒的に人気っぽい(私調べ)
自分のサイトだとSANGOが合うかな

悩みながらブログを見続けること数週間、そこで見つけたのが、ある方のサイトです。

そしてツイッターからSWELLというテーマを知りました。

公式サイトへ行くと、シンプルでスッキリしたデザインの公式サイトが表示されたのです。

ウミスキーのアイコン画像ウミスキー

かっこいい〜!!美しい〜!!これいいなぁ

その圧倒的なシンプルさと美しさに一目惚れ。

いろいろ考えましたが、結局はSWELLを導入することにしました

今は体験版もあるので、気になった方は試してみると良いですよ!

Swellバナー

– シンプル美と機能性の追求 –
究極の書き心地を、あなたは知っていますか?

コピーの通り、美しいサイトです。

SWELLはユーザー数も増えていて、こまめにアップデートしてくれる。どんな風に進化していくのか楽しみ!

デザインがかっこいい

Cocoonでブログを始めた当初のものです。

文字や画像などの要素はほぼ同じ内容は大きく変わっていないことを前提に比較してみてください。

Cocoon使用時のTOPページ

へそくりブログtop

次にSWELLに乗り換えた後を見てみましょう。

SWELL使用時のTOPページ

SWELLtop

文字量は増えていますが、今っぽい雰囲気も出ていますよね。

プロフィールのデザインがとても好きで、この形になって嬉しいです!

テーマをCocoonからSWELLに乗り換える際の注意点

SWELLではテーマ別にサポート用プラグインが用意されているので、ちょっと安心しました。

サポート用プラグイン(2020年7月現在)
  • COCOON
  • SANGO
  • JIN
  • STORK
  • THE THOR

公式サイト・乗り換えサポート用プラグイン

100%そのまま変更はできないので、移行時には少し気をつけてください。

使ってるテーマ、プラグインによって違うと思いますが、当時のCocoon→SWELLでは

記事修正の優先順位としては

  1. 関連記事
  2. タイムライン
  3. ふきだし

「関連記事」や「あわせて読みたい」などの部分は、すべてチェックすることをおすすめします。

ふきだしは残っていますが、スマホで見ると幅が狭いです。

sp01
Cocoonプラグイン使用時
sp02
SWELLに置き換えた場合

どちらにしても、全記事チェックはしましょうね。

記事修正のついでにリライトをすれば、一石二鳥です!

広告設定に関して

実際、SWELLに乗り換えて、アドセンスのクリック率も上がっています。
公式サイトのアドセンスの貼り方でも解説されているので、参考にしてください。

Gutenberg(グーテンベルク)が便利!

SWELLは新エディタに対応。

ずっとクラシックエディタで作業していましたが、新エディタに対応しているだけあって、かなり使いやすいです。

ブログ歴が浅かったのであまり抵抗なく使い始めましたが、今となってはもう戻れません!

Gutenberg(グーテンベルク)初心者に不便なところ

  • カスタマイズカラーを保存できない
  • 一文字だけで色を変更できない

この一文字の色変更は、後日のアップデートで実装されました!

自分の好みの色を保存できないというのは、非常に不便

これはテーマ関係なく、エディタ側の設定らしいです。

調べてみると、phpというのを利用して変更している方もいるよう。

しかし、ブログが真っ白になるという言葉もちらほら、恐ろしくて手が出ません。

素人にはハードルが高いので見送りました。

SEOプラグインも同時に乗り換え

SEOのプラグインというと「All in One SEO Pack」が有名ですよね。

Cocoonの時はプラグインを使っていませんでしたが、SWELLに乗り換える際に入れてみました。

しかし設定が複雑で、分かりづらい。

困っていたら、SWELLのサイト内でSEO SIMPLE PACKというプラグインを知りました。

『SEO SIMPLE PACK』はWordPressテーマ『SWELL』と開発者が同じなので、SWELLと最も親和性が高いSEO用プラグインです。

SWELL公式サイトより

SEO SIMPLE PACK
https://ja.wordpress.org/plugins/seo-simple-pack/

このプラグインはSWELLと同じ開発者(@了さん)が作っているで相性はバッチリ!

しかも全部日本語で書かれています。

ウミスキーのアイコン画像ウミスキー

ありがたい〜!専門用語が分からない初心者にとっては最高にわかりやすかった

初心者向けの使いやすさ

ふきだしは簡単に変えられる

新エディタを利用したふきだしは、とても使いやすくて気に入っています。

ウミスキーのアイコン画像ウミスキー

SWELLで感激したのは、アイコン名を簡単に変えられるとこ

とり友のアイコン画像とり友

アイコン名以外にも、色や形、アイコン画像も感覚的に変更できるよ。すごい便利!

心の声のアイコン画像心の声

あまりにも簡単にできちゃうから、おしゃべりになっちゃうよ

スタイルも種類が多い

装飾もシンプルながら、アクセントになるものが入っています。

SWELLstyle
すべてワンクリックで変更可能

簡単に変えられるので、色々と使いたくなりますねぇ〜

すっきりと統一感もあって、とても気に入っています。

その他の機能もいっぱい

広告タグという機能も使ってみたら、あっという間にできます!

↓ただペタッとバナーが貼られているより、作られている感というか、とても親切な印象を受けませんか?

公式サイトの広告タグ管理機能に使い方に詳しく書かれています。

他にも便利だな良いなと思った部分はこちら

  • 装飾が多い
  • 画像サイズが簡単に変えられる
  • スタイルの幅に関しても設定可能
  • アイキャッチにYouTubeを入れられる
  • PCで記事を読むとき目次が横にある
  • 初心者でも統一感が出る
  • フッターも色々設定可能
  • 開発者の方の対応が丁寧
  • ブロックの余白設定が可能

初心者でもおしゃれなサイトが作れるのが魅力です。

ウミスキーのアイコン画像ウミスキー

ブログ歴半年でも、今っぽいサイトを作れたよ〜

新エディタは慣れると快適

クラシックエディタより、ブログを書く時間が楽しくなりました。

ウミスキーのアイコン画像ウミスキー

慣れたらほんっとに快適!

一つずつの段落に設定をしていけるし、文字の移動もすぐできるし。

この動画を見ると、そのサクサク具合がわかります

こんな風にツイッターの埋め込みもボタンひとつでできます。

とにかくシンプルでおしゃれ

使い勝手やデザイン性が良いので、利用する方が増えていくと思います。

あまり人とかぶりたくない人、スタイリッシュなサイトにしたい人。

SWELL使うと良いですよ〜(語彙力)

Swellバナー

– シンプル美と機能性の追求 –
次世代を担う、新作WordPressテーマ
究極の書き心地を、あなたは知っていますか?

デモサイト一覧をのぞいてみると、どんなジャンルにも合うのがわかります。

今はこってりしたデザインより、すっきりしたものが好まれているし、まさにぴったりのテーマですね!

あたたかなファンが多いテーマ

実際に利用している方も、日に日に増えているようです。

ツイッターの反応を見ていても、みんなSWELL大好きなんだなぁという印象で、購入限定のフォーラム内の質問もこまめに上がったりしています。

開発者(@了さん)に直接質問できるためか、ユーザーの声が直接届いて、アップデートの際に反映されていたり。

とても柔軟な印象があるので、この先もどんどん機能が追加されていくのでしょう。(全然使いこなせていないですが…)

ウミスキーのアイコン画像ウミスキー

テーマの裏に隠れた熱量みたいなものがSWELLからは感じ取れる。自分のブログ自体も大切に思えるようになったよ!

結果論ですが、有料テーマにはそれなりの理由がありました。

一度使ってみて、なるほど!を味わってみてくださいね。

この記事を書いている人

へそくり作りに奮闘しながら
いつも自転車で爆走している庶民派の主婦

長く愛用できる物をセレクト中の
楽天ROOMも人気です

目次
閉じる