春はスタートに最適!スマイルゼミなら全額返金保障あり!

LINE絵文字を作る!無料のPixlr Editorの使い方

2019 9/02
LINE絵文字を作る!無料のPixlr Editorの使い方
目次

LINE絵文字の画像を作る

自宅に画像加工のソフトがない、という方でも手軽に使えるPixlr Editorは、アドビのPhotoshopにも引けを取らない、幅広い加工が可能です。

画質も、解像度の設定などできるのも嬉しいですね。

LINEの絵文字やスタンプを作ってみたい方は、こういったサイトを大いに活用しましょう!

なんか、難しそうだけど

大丈夫!難しくないよ。簡単に作れるものから始めよう

はじめは簡単な物を作って、それで自信がついてきます。どんどん作って、経験値アップを目指しましょう!

このニコちゃんを例にとって説明しますね。

ニコちゃん

イラストの作り方

まずはPixlr Editorのサイトに行きましょう。
※Flashを有効にしてくださいと注意が出る方は有効にしてください。

Pixlr Editorはこういった画面が出てきますので、

新しい画像を作成を選びます。

画像サイズの幅と高さを決めます(ここでは絵文字のサイズ180×180で作成します)

名前は後でも付けられますので、先でも後でも大丈夫です。
写真などのデータを元にしたい方は、画像を開く。を選択すると使用できます。

☑️透明にはチェックを入れます。

指定したサイズのボードができました。
では、ペンツールなどを使用してイラストを書いてみましょう!

下の図の赤で囲ったあたりに、ブラシの太さを表す数字が書いてある項目があります。
そこからブラシの太さは変えられます。
※↓スクリーンショットのショートカットの影響かブラシの数値が消えています。

始めはペンのカラー設定は黒になっています。

色を変更したい方は、ツールパレットの下にある四角い部分を押すと、カラー設定ができます。自分で設定して色を作ることもできますね。

では、実際に描いてみましょう!

こんな風に、描けました!

上手い下手はどうあれ、ともかく描けた

次は保存です。もう少しです!

左上のファイルメニューから保存を選択します。

ここではLINE絵文字のフォーマットに合わせてPNGを選びました。名前は001とします。

OKを押して、保存する場所を指定したら、ファイルの保存が完了です!

どうでしたか?

この手順でデータ8個と、ホーム画面用のtabデータを1個作れば、LINEスタンプを申請できます。

ぜひ、自分の手で作った作品をリリースしてみてください!

イラストだけではなく、写真加工なども可能です。幅広い加工項目があるので、ぜひ覚えて色々な場面で活用してみてください!

この記事を書いている人

へそくり作りに奮闘しながら
いつも自転車で爆走している庶民派の主婦

長く愛用できる物をセレクト中の
楽天ROOMも人気です

目次
閉じる