「全額返金」保障ありのスマイルゼミはリモート学習のサポートにも最適

ニンテンドースイッチは何歳から?幼稚園児へのルールの作り方

目次

何歳から遊び始めてるの?

世間はコロナ感染のニュースで持ちきり。

先が見えないのでなんだか気分も重い春です。

外出自粛ムードで家に子どもと過ごす時間が一気に増え、買ってよかったと思うので、ニンテンドースイッチ。

我が家では大活躍しています。購入は年長さんの冬休み。

ニンテンドースイッチ

周囲を見ると、幼稚園の年中さん〜小学生の低学年頃にはゲームを持っている子が増えてきます。

家庭の方針や、本人の興味などが影響しているので一概には言えませんが、周りのお友達は

  • 上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる
  • パパママがゲーム好き
  • 祖父母が買い与えた

こんな感じで手に入れているご家庭が多かったです。

約束を守ることを条件とする

周囲からの情報で、親が知らなくても子どもはゲームのことをたくさん覚えてきます。

まず説得してみました。

母のアイコン画像

値段も高いし、まだ早いんじゃない?ゲームをするとキリがないよ。

子のアイコン画像

それでも欲しい。お誕生日プレゼント、ずっと先までいらないから!

結果的に、誕生日プレゼント+クリスマス+入学祝いという名目で購入を決意(これでもかとばかりにいろいろと合わせることを条件に、出費を最小限に抑えました)

そして、ルールを守ることを約束して、我が家のゲーム生活がスタート。

Nintendo-SWITCH

ルールを決めたり制限をする

買ったあとは、どの程度ゲームで遊ぶのかを決めました。

大人だってスマホゲームに夢中になるほどですから、あまり強くは言えないですが。

参考までに我が家のルールをご覧くださいね。

ニンテンドースイッチで遊ぶときのルール

  • 平日は遊ばない
  • スマイルゼミを先にする(平日も)
  • 週末は1時間遊んで良い
  • お友達と遊ぶときは特別、ちょっと長くても良い
  • 約束を守れなければ次のゲームができない

我が家は共働きなので、幼稚園の帰宅後もゲームする余裕はほぼありません。

一週間だと、土日合わせて2時間。時間配分は本人に任せています。

キリの良いところだと1時間に満たない場合もあり、付き合う側もちょうどいいです。

それでも少し長い気もしていますが、子どもにとったら楽しみにしている時間。

親も決めたことは守ってあげましょう。

アプリでも遊んだ時間が確認できるので、うまく取り入れていきましょう。

悪影響が心配!?

ゲームする子ども
いつになく真剣な眼差し

子どものゲームというと、すぐに悪い影響があるのではないかと心配になります。

実際のところは、私には分かりません。

でも、今の40代の人たちはファミコンが出た当時は熱狂していたし、そこから形を変え、進化し続けるゲームに、今だってハマっている人は多いはずなのです。

だからと言って、ゲームの影響を受けて何か悪いことしましたか?

ちゃんと働いていたり、家庭を持ったり、自分の人生を送っていますよね。

明らかに内容に問題があるようなものは、大人が判断して遮断するしかないですが、それが全ての原因ではないというのが私の考えです。

ただし、ゲーム依存も問題になっていて書籍なども出ています。

ですから、ゲームとの関わり方を自分で判断できる力をつけることが大事なのかなと思います。

成長するにつれて、約束を守れないことが出てくるでしょう。

そんな時は、親も押し付けるのではなく、柔軟に対応していくしかないのかなと思います。

実際の条件と自由のバランスは難しいですけどね。

子どもにおすすめのソフトは、ずばりマリオ!

幼稚園児や小学校低学年の子に選ぶニンテンドースイッチのソフトは

  • 分かりやすく
  • 操作しやすい
  • 短時間で終わる

これを基準として、我が家は初めのソフトをマリオカートにしました。

マリオカート8
みんなで楽しめる

2人でするならコントローラーも小さく子どもの手にはちょうど良い大きさ。

ハンドル型のコントローラにも変身するので、車好きな子にもおすすめですね。

ニンテンドースイッチコントローラー
マリオカートコントローラー
ウミスキーのアイコン画像ウミスキー

集中力が続かないし、わーっとやってイェ〜イ!みたいなのが良いよねぇ

マリオパーティは細かいゲームがたくさん入っていて、プレイする時間も短めになります。

短時間で切り上げたいご家庭には向いていると言えますね。

厳しすぎず甘すぎず

ルールを作りまずは大人がそれを守る。これが大事ですね。

子どもにダメと言っても、親がスマホゲームをしていたら、どう思うか想像できますよね?

幼い年齢でも納得できる環境を作ってあげれば、きっと今後のゲームとの付き合い方もうまくなっていくと思います。

好奇心を持っているのなら、そこを伸ばしてあげることも良いのではないでしょうか。

親子でほどほどに楽しみましょう!

この記事を書いている人

へそくり作りに奮闘しながら
いつも自転車で爆走している庶民派の主婦

長く愛用できる物をセレクト中の
楽天ROOMも人気です

目次
閉じる