3時間でとれる資格が魅力!コミュニケーション検定って何?

子連れで式根島へ!東京からアクセスも良くて、温泉も海も楽しめちゃう

伊豆諸島の一つ式根島。

島というけど、東京都。
だけど寝て起きたらそこは青い海!

小さな島の、のんびりした雰囲気がクセになるような居心地でした。

出発は雨の夜
目次

式根島は宿が取れない!?

式根島はシーズン中、宿がいつも満室です。なかなか予約は取れません。

どうやら5月ごろから一斉に夏の予約が開始されるようで、リピーターの方であっという間に満室になってしまうのでしょう。

今回、ふと見たら運良く空きがあり、母子で行ってきました。

キャンプ場も閉鎖されており、野宿も厳禁!

となると日帰りで楽しむか、諦める。となってしまいますよね。

そんな時は、ツアーで探すと予約できる場合もあります。

島でのコロナ対策は?

島は自分の生活圏内と変わりはありません。

  • 発熱・体調不良時は旅行を控える
  • 宿泊の場合、必ず宿を取る
  • 公共施設の制限
  • キャンプ場の閉鎖
  • 島内もマスク着用
  • 手指の消毒

行く側から見たら観光地でも、生活している人にとったら日常です。

普段通りの感染対策を行って、楽しみたいですね。

式根島はシュノーケルが楽しい

式根島はダイビングも人気ですが、子連れはシュノーケルでも十分楽しめます。

泊海水浴場

今回は時間がなかったのと、強風のため海に入ったのはここだけ。有名な泊海水浴場です。
コンディションはベストではないものの、人がいるので安心感がありました。

日焼けやクラゲなどから身を守るために、子ども用のウエットスーツもしっかり着ました。
※ライフジャケットも必ず着用

楽しむ前に安全第一!スーツはヘレイワホの3mmをチョイス
お子様の安全のために
¥2,200 (2021/10/16 03:05時点 | 楽天市場調べ)

風が強いので、どうかと思いましたが、海の中はきれいに見えました。

ウミスキー

岩場に近くは浅いし、小さな魚もたくさん見れた!

砂地では大きな魚や、ヒラメ(カレイかも?)も擬態してるのを見つけて大興奮です。

ふだんテレビなどで見る海と、実際に目で見る海は、やっぱり違うのでしょうか。

時間を忘れて、お魚観察に没頭しました。

貝殻拾いを楽しみに行きましたが、あまりなかったです。
シーグラスは色々落ちていました。

トイレ/水シャワー/脱衣所/売店(夏期のみ)/駐車場/ライフガード(夏期のみ)/水着着用

式根島観光協会

水着で入れる温泉も最高

海で遊んだ後、冷えた体で向かうのは松が下 雅湯(まつがした みやびゆ)

水着で入れてそこに海がある温泉!

子どもにとっては初めての体験です。

それはもう、ずっと遊んでいました。

ウミスキー

簡易の脱衣場や、水シャワーもあってよかった

海水浴と温泉のセットで、こんな風に過ごせる場所は、あまりないと思います。

のんびり浸かって日頃の疲れも癒えました。

温泉近くの石白川海水浴場はこの日、風が強くて遊泳禁止

効能:神経痛、リュウマチ、胃腸病、冷え性など

無料/24H/近くに公衆トイレ/シャワー/水着着用/更衣室/駐車場

式根島観光協会

島内はレンタサイクルで十分

今回レンタサイクルをしました。

何店舗かあるのですが、料金はたぶん一律です。

ハイシーズン1日(電動):2000円
オフシーズン1日(電動):1500円

17時には絶対返却してほしいというお店もあるので、夜に出かけたい場合は確認してから借りましょう。

けっこうきつい坂道が多いので、パパママは電動の一択です!!

子どもを後ろに乗せる自転車も多くあり、ヘルメットの貸し出しもしてくれました。

同時に借りに来た若者はさすが「普通のチャリでいいっす」でしたが、きつくなかったのかな。

船さるびあ丸で船旅を楽しむ

今回は大型船、さるびあ丸に乗った船旅でした。

時期によって23時出発、22時出発と変わるようなので、間違えないようにしてください。

食べ物屋さんは調べなくても、これを船で読めます

船から東京の夜景を見ることも楽しみの一つ。

今回は夜霧のような雰囲気で、また良かったです。

気分も盛り上がるけど、けっこうすぐ消灯しちゃう

予約はネットでもできますが、電話のほうが細かいことを聞けるのでおすすめです。

今回私たちが使った部屋をご紹介。

さるびあ丸の1等室(8人部屋)

1等室料金(竹芝〜式根島)

大人:12,510円
子ども:6,260円

(夜)往路/東京→式根島

  • 部屋にドアが付いている
  • マットレス・毛布・枕完備
  • 電源(1人1カ所)
  • 頭上にライト
  • 鍵つきのロッカー
  • 部屋ごとにゴミ箱
  • テレビ1台
  • スリッパ

こんな感じでした。

鍵付きロッカー
寝るとこ
一人ずつのコンセントは助かる

人がいると、テレビを見るのに気を使うかもしれません。

4階だったので、丸い窓からは海や港の様子も見えました。

ウミスキー

めっちゃ快適だったよ!

なぜかこの日は部屋を私たちだけで貸切でした!なんという贅沢。

船内の掲示物も可愛かった

さるびあ丸の2等和室(10人部屋)

2等和室料金(式根島〜竹芝)※デッキばかりに居たので写真撮っていませんでした…

大人:6,260円
子ども:3,130円

(朝)復路/式根島→東京

  • 部屋にドアはなし
  • 枕完備
  • 毛布は1枚100円でレンタル
  • 電源(1部屋1カ所)
  • 鍵つきのロッカー
  • テレビ1台

ここは通路を通る人から丸見えです。

おそらく船底の部屋なので、窓の形をした鏡が付いていて、外は見えませんでした。

ウミスキー

人は少なかったけど、ちょっと落ち着かなかったかな

でも、朝出発だったので、甲板へ出たりレストランで食事をしたり、船内を楽しみました。

あまり部屋に滞在しないようなら、昼間のフェリーは2等和室でも十分です。

お土産は、大島牛乳せんべい

お土産はこれに決まり

式根島は関係ないけど、東海汽船で買うお土産といえば大島牛乳せんべい。

東京愛らんどショップ
¥720 (2021/10/16 03:05時点 | 楽天市場調べ)

素朴な見た目と、味わいがなんともクセになる感じで、子どもも大好きです。

最後はお土産を買って、2泊3日(船泊1)の楽しい船旅も終わり。

小さな島なので行く場所はだいたい決まってしまうけど、自転車で回れて旅気分も満喫。

船に揺られているような感覚のまま帰りましたが、またすぐにあの島に行きたいなと思える魅力的な場所でした。

今回の旅費(だいたい)
大人1人・子ども1人
フェリー代:28,180円(往復)
宿代:13,500円(一泊二食付き)
レンタル自転車代:2,300円(1日半)
現地の買物+お土産:5000円ぐらい
合計:48,980円

よかったらシェアしてね!

この記事を書いている人

へそくり作りに奮闘しながら
いつも自転車で爆走している庶民派の主婦

長く愛用できる物をセレクト中の
楽天ROOMも人気です

目次
閉じる